2022年に広島県立広島観音高等学校は創立100周年を迎えます!詳細はこちら。

2018年慰霊祭

 人類初の原子爆弾が広島市に投下されたのは73年前の8月6日月曜日午前8時15分であった。
我々、23期生は、8月5日日曜日に、ここ本川土手にに集合して、何事もなく建物疎開作業に従事して、作業終了後、突然、東練兵場の芋畑の草取り作業に行く様にとの命令で、翌8月6日月曜日に、爆心地から2.5kmの東練兵場東端の現在のガーデンパレスホテル付近に集合して被爆したのであった。塚本の当時の記録によると、8月4日から1年生が最初に建物疎開、2年生は登校という交代制になっている。これが偶然というにはあまりにも残酷な運命に見舞われることになったのである。今年は8月6日が月曜日である。
 次に、お詫びをしなければいけないのは昨年まで第72回・・と題名を書いていたがこれはあきらかに被爆年からの経過年数を示すもので慰霊祭の開催数をあらわすものではないのでことしからは省略します。
 また、今回が初めてと思うが冒頭の山本定男氏の追悼の意味を込めた体験記のお話があまりにお上手だったので思わず拍手されたのだとおもうが、追悼の辞は亡き人に捧げるものなので、拍手は遠慮すべきだったのではと違和感をもった。塚本だけかもしれないが。
                              (写真 新出、文・録音 塚本)

慰霊祭全景
司会の生徒さん
山本定男君追悼の挨拶
平川同窓会会長追悼の辞
豊田観音高等学校校長追悼の辞
生徒会会長追悼の辞
吉永同窓会副会長古田校長悼歌朗詠
二中、観音校歌合唱
焼香
花輪のお供え元が今までとは違っている。時代の流れか

懐かしい名を見つけて・・・・・・

後列左より 小畑、久保田、塚本、新出
前列左より山本(定)、浅野、戸谷
タイトルとURLをコピーしました