母校の歴史

広島二中、芸陽高校、観音高校の歩み(概要)

大11 広島県立広島第二中学校として発足(皆実町)
   入学志望者575名、入学許可者250名
大12 観音町(現在の観音小学校所在地)新校舎に移転
昭 2 第一回卒業式、校歌発表、同窓会発足
   排球部関西中等学校選手権大会で優勝、
   以降20年間で優勝10回、準優勝3回など全国最強を誇る
昭 4 校旗制定
昭 8 関西唯一の公認50メートルプール落成
昭20 原爆投下により校舎倒壊全焼、職員9名、生徒341名死亡。
   可部、廿日市、海田に三分教場開設

昭21 二中校舎完成、三分教場より本校舎に復帰
   原爆により死亡した生徒の第1回慰霊祭挙行
昭23 学制改革で、二中は広島県芸陽高校と改名
昭24 広島県立広島観音高等学校と校名変更
   校章決定、ポプラの葉4枚(普通科、家庭科、商業科、定時制)
   の中に広島観音の頭文字HKを組み合わせた

昭25 本校第1回卒業式、現校舎に移転、校歌発表
昭26 国体で硬式野球部が全国優勝、
   翌年春の選抜大会で甲子園出場

昭27 国体ヨット高校の部全国優勝、翌年も全国優勝
昭29 全国総体卓球競技大会で男子個人及びダブルス優勝
昭31 学区制を廃止、市内5校総合選抜制度開始
   軟式野球選手権大会に西中国代表で出場
   商業課程を廃止(昭29年に広島商業高へ商業科第1学年転出)
昭33 体育館兼講堂竣工、芸陽同窓会と観音高校同窓会とが
   合同して「芸陽観音同窓会」を結成

昭36 新慰霊碑建立、第17回慰霊祭挙行
昭37 創立40周年、同窓会館竣工
昭38 家政科が普通科(家政型)となり、名目上家政科廃止
   50メートルプールを観音小に譲渡、新プール建設

昭39 同窓会報「芸陽」復刊1号を発行
昭40 高校演劇全国大会優良校
昭42 同窓会館増築
昭43 広島県立広島観音高等学校と校名を改める

昭44 原爆で全滅した1年生の物語をテーマにした
   「碑」がテレビで放映される
昭48 普通科甲型(家政科コース)最後の卒業生
昭49 中校舎改築(4期に分け昭和54完成)
昭53 中校舎木造2階、西校舎(通称キリマンジャロ)取り壊し
昭56 新体育館兼講堂完成。旧施設は柔道場、剣道場へ
昭58 新プール完成
平 2 広島市西部普通課程3校の総合選抜制入学試験実施
平 4 本館リフレッシュ工事(3期に分け平5に完成)
   創立70周年記念式典挙行
平 6 硬式野球部39年ぶりに復活
平10 普通科は普通課程の総合学科としてスタート
平11 西館改築(平12竣工)
平14 創立80周年記念式典挙行
平17 グランド整備工事竣工
平18 サッカー部インター杯初優勝
平22 女子バスケットボール部インター杯出場。
   以後、インター杯・ウインターカップに出場多数

平23 10年以上地域の清掃活動により広島市環境美化功労者表彰
   受賞

   中館(3号棟)耐震及び内外部改修工事完了
平24 創立90周年記念式典挙行、台湾新竹市立建巧中学校と
   姉妹校提携締結

平26 同窓会館耐震化工事完了
平27 戦後特別番組「いしぶみ」(忘れないあなたたちのことを)が
   テレビ放映される

平28 第40回全国高等学校総合文化祭の事務局が置かれ、
   計画・推進に多数参加

平29 サッカー部10年ぶりインター杯出場
令 1 プール取り壊し
令 3 定時制課程閉課程の予定
令 4 創立100周年の予定

タイトルとURLをコピーしました